トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

なぜハイエースは海外で人気なのか?


ハイエースが海外で人気の理由

日本でのハイエースに対するイメージは、以前は「仕事で使う車」というイメージが強い車種という割合が多かったようです。

 

しかし最近ではキャンプなどのアウトドアブームや、エクステリアなどもカッコイイ印象になってきたりと、プライベートで使う1台としても認識されています。

 

そんな日本でも人気のハイエースは。では海外でも人気の理由も同じような理由でしょうか?いや、海外だと、また違う理由が多いようです。

 

①圧倒的な耐久力

ハイエースといえば「耐久力」。これは海外では非常に大きな要素の1つです。日本ではハイエースに限らず、どの中古車でも10万キロを一つの寿命の目安として見られがちです。

 

ここは「中古車の距離数の対する日本人の価値観」「実際に現代の車の寿命」がイマイチ合ってないようです。

 

少なくとも現代の国産車で最低限のメンテナンスをしているにも関わらず、10万キロ程度で寿命を迎える車は滅多に無いはずです。

 

しかもハイエースに関しては、商用利用も考えてより頑丈に作られている為、当然のように20万キロ以上でも余裕で問題なく走ります。

 

即ち、海外でも商用利用の多いハイエースが好まれる理由の1つは「できるだけ長く使える頑丈な車」という部分で、必然的にハイエースが選ばれているわけです。

 

日本車=頑丈

 

このイメージが海外ではまだまだ揺るがないでしょうね。という事で、日本人自体が10万キロが寿命と言うイメージから変わっていくのはいつになるのかも気になるところです。

 

②圧倒的な室内空間

 

車を商用利用する上で外せないポイントとして「車内空間の広さ」

 

そこをクリアしてる車種としてもやっぱりハイエースとなるわけです。もちろん他にもキンゴーLバンなどといったハイエースのコピー版や、トランスバンなど様々な類似車種はありましたが、

 

いずれも「耐久性」「室内空間」とで考えた場合に当然ハイエースの頑丈さも大きなポイントになり、ハイエースを選択する事になるのです。

 

ハイエースバンか、ハイエースワゴンかでも人を主に乗せるための使い方か、荷物を多く積める使い方かなど、この室内空間の活かし方は様々でしょうが、いずれにしても元々の広さがあるからこそ選べる選択肢ですね。

 

③パーツが豊富なので、修理しやすい

いくらハイエースが頑丈で長く乗り続けれる車だとしても、故障はあります。あくまでも他の車と比べて可能性が低いというだけで、車は必ず乗ってれば故障する部分は出てきます。

 

問題はその故障を海外でも直せるのか?

 

発展途上国なんかだと、最新の整備工場や設備も基本的には少ないです。ですが、その整備性という点でもハイエースは他車種と比べて群を抜いていると言えます。

 

ハイエースはそもそもの作り自体が長距離や悪路走行に強い設計のため、頑丈ではあるのですが、その設計自体はシンプルな構造でもあり、故障などの際に修理がしやすい作りでもあります。

 

エンジンに関してはよりシンプルで頑丈なディーゼルエンジンが圧倒的に人気ですが、エンジン以外の部分でも、ハイエースの圧倒的な流通量からなる豊富な中古パーツなどが出回っている為、いざ修理するといった際にパーツ不足にも陥りにくいのです。

 

他の車種がダメというわけではないでしょうが、それにしてもハイエースの整備性の高さは大きな人気の要素の1つのようです。

 

まとめ

日本に比べて海外では過酷な環境での走行が多くなる傾向にあるハイエースですが、日本での走行を考えて作られてたはずのハイエースが海外でここまで人気になるとは…

 

開発当初はここまで海外需要は考えてなかったはずですが、現在ではアジア圏を中心にハイエースを新車でも販売している程です。

 

中国などは富裕層の送迎用などにも使われていたり、最近ではグランエースという高級仕様のハイエースも人気のようです。

 

そんな距離数関係なく価値があるハイエースだからこそ、もしあなたが今でも年数、距離数のかさんだハイエースを所有しているのであれば、今後の乗り換えや売却は確実に高値で取り引きされる事をオススメします。

 

そもそもの相場のイメージをご存じないのであれば、恐らく想定以上の価値がある事に気づいて驚くことになるでしょう。

 

もしカンタンに自分のハイエースの価値を把握しておきたいなら、ここなどはオススメです。

カーセンサーネット

中古車情報サイト「カーセンサー」の一括無料査定で一気に査定を依頼するパターンです。

 

周りに信頼できるハイエースに強い買取専門店があれば別ですが、そのようなお店が無いのであればこういった査定一括サイトは非常にオススメです。最低限の情報を送信すれば勝手におおよその査定をしてくれて、査定額の情報が送られてきます。

 

電話などがかかってくるのが嫌な場合は、選択する部分があるのでお忘れなく。

 

下記リンクから1分程度で簡単に手続き可能です。


 

カーネクスト

いくら高値がつくハイエースでも、完全な不動車となるとやはり価値は落ちてしまいます。であれば、そのような状態のハイエースの査定に強い買取業者がオススメです。

 

「カーネクスト」は事故車、不動車、車検切れ車などの買取りを得意としており、どんな状態のハイエースでも5~20万円で買取りをしてくれると思います。

 

また、通常ディーラーなどに廃車をお願いすると発生する「廃車代」「レッカー代」などは、カーネクストでは一切費用がかからず、無料で全ての手続きを行ってくれるので安心です。

 

査定依頼は下記リンクから簡単に行えますので是非試してみてください。




 

 

 

 

 

おすすめコンテンツ