トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

お役立ちサイト

永久保存版 100系ハイエース WEBカタログ


 

永久保存版、100系ハイエースのwebカタログ一覧です。

2019年7月現在でトヨタメーカーのサイトにのこっているカタログと、主な仕様について記載しております。

永久保存版 100系ハイエース webカタログ

1967年の初代ハイエースのデビューから4代目となる100系のハイエースは、1989年8月にデビューしました。

 

高級ワンボックスワゴン車として、前モデルよりもより装備を豪華にさせた100系ハイエース。

 

最上級グレードの「スーパーカスタムリミテッド」には、エンジンを掛けると自動でハンドルが動く「イージーエントリーアクセス」や、「パワーシート」「電動カーテン」「デジタルメーター」などに加え、前・中・後ろの席の上部から光をもたらす「トリプルムーンルーフ」なども用意し、当時の高級車「マークⅡ」や「クラウン」に負けない位の豪華な内容のワゴン車となっていました。

 

1998年からのカタログになりますが、下記に残っているもののリンクと、マイナーチェンジの内容を抜粋記載します。

※カタログはワゴンタイプのみとなります。

 

1998年(平成10年)8月

カタログのリンクは下記の画像をクリックしてください。(PDFで開きます)

 

 

バンタイプの「スーパーGL」のシート生地を変更、エアバッグ・ABSを標準装備しました。※上記カタログはワゴンタイプ

 

1999年(平成11年)7月

カタログのリンクは下記の画像をクリックしてください。(PDFで開きます)

 

 

この年に100系ハイエースは大幅なマイナーチェンジをします。

 

外観での大きな変更は、マルチリフレクタータイプのへッドライトやフォグランプの採用、透明感の増したリアガーニッシュなどで高級感がより一層アップ。

 

内装面では「スーパーカスタムリミテッド」にオプティトロンメーターの採用や、ウッドコンビハンドルの標準装備に。

 

ディーゼルエンジンには、排ガス規制に対応する為に水冷インタークーラーを採用し、排ガスの低減とトルク、馬力の向上をしています。

 

2001年(平成13年)1月

カタログのリンクは下記の画像をクリックしてください。(PDFで開きます)

 

 

バンタイプの装備に変更が行われました。※上記カタログはワゴンタイプ

 

2002年(平成14年)8月

カタログのリンクは下記の画像をクリックしてください。(PDFで開きます)

 

 

この年にトヨタの高級ミニバン「アルファード」が発売され、それに伴いハイエースワゴンからガソリンエンジン車が廃止されました。

 

すべてのグレードがディーゼルエンジンのみラインナップとなります。

 

そして2004年に200系へと移行し、100系ハイエースの生産は終了しました。

 

<関連記事>

20年落ちのハイエースが100万円!?古いからと安く売ってはいけないハイエースのヒミツ

 

20万km乗っても高く売れるのがハイエース!ハイエースの査定価格に走行距離は関係無いのか?

 

過走行のハイエースの売却は輸出業者へ!50万kmのハイエースでも高く売れる理由とは?

 

ハイエースは下取りで売ると50万円も損をする!?ハイエースを下取りで売却してはいけない理由

 

支払った税金は戻ってくる?知らなきゃ損する中古車売却時の月割り自動車税についての話

おすすめコンテンツ