トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

税金についての基礎知識

支払った税金は戻ってくる?知らなきゃ損する中古車売却時の月割り自動車税についての話


中古車売却時の月割り自動車税について

車を所有していると、1年に1回必ずやってくる税金「自動車税」。毎年4月はこの自動車税の支払いで憂鬱になっている方も多いと思います。今日はそんな自動車税について、車を売るときにはどう処理されているのか?中古車を売却する時の自動車税の取り扱いについて書きたいと思います。ここの部分の話を知っているか知らないかで、車を売る時に1~5万円損する事があるので、是非ご購読いただければと思います。

 

自動車税とは?

まず自動車税とは何なのかを説明します。

自動車税とは、4月1日時点の車の所有者に対して、4月1日~翌年3月末までの分を「先払い」で納税する税金です。

 

普通車の場合は各都道府県の自動車税事務所から

 

軽自動車の場合は各市区町村から

 

それぞれ4月末に支払う為の納付書が自宅に届き、5月末までにコンビニや郵便局などで納税をする必要があります。

 

 

自動車税は自動車の種別や排気量別で細かく金額が分かれており、自動車の種別では、貨物車よりも自家用車のほうが、排気量では小さな排気量のエンジンよりも大きな排気量のエンジンを積んでいる車のほうが課税される自動車税は高くなります。

 

自動車税は月割り制度がある

先にも書いた通り、自動車税というのは1年分の税金を先払いで納税する税金です。

一般的には、自宅に来た納付書の1年分の金額をそのまま納税しているのであまりなじみが無いですが、実は自動車税には月割り制度というものがあります。

 

自動車税の月割り制度とは、単純に1カ月〇〇円というような月割りではなく「8月から翌年3月までの分の月割りの自動車税は〇〇円」といったように、年度の途中の月から3月の年度末までの税金の額が決められているのです。

そして実はこの月割りの自動車税は、新車や中古車を購入する時にも利用され購入する月からその年度末までの分の月割りの自動車税額を計算するのにも利用されております。

 

新車購入時の見積書。11月からの自動車税が13,100円請求されている。

 

あなたの車も、実は購入する時に知らず知らずのうちにこの自動車税の月割り制度を利用し、税金を納税していたのです。

尚、自動車税の月割り制度は普通車のみになります。軽自動車は元々の自動車税の納税額が安い為、自動車税の月割り制度はありません。

 

自動車税の月割税額の一覧表はこちら

 

車を買うときには利用する自動車税の月割り制度。車を売るときは?

それではここからが本題です。

車を購入する時には自動車税の月割り制度を適用して納税する自動車税。

 

では、車を売る時にはどうなのか?

 

答えは、「売却する月から年度末までの月割りの自動車税が戻ってくる」です。

先にも書いた通り、自動車税は1年分を先に払っておく税金です。

という事は、年度の途中で車を売却する場合には、売却月から年度末までの分の税金は払う必要がありません。

 

車を売却する月から年度末までの分の支払い済みの税金は戻ってこなければおかしいのです。

 

車を売却する時の月割りの自動車税の戻り方

車を売却した際に、本来戻ってくるべき月割りの自動車税。

では実際にはどのように処理されているのか?どのように戻ってくるのか?パターンは大きく下記の3つになります。

 

 

各都道府県から自宅に自動車税の還付金の払出証書が届く

売却先の店舗で、売却した車を「抹消登録」すると、自動的に各都道府県から自宅に、過剰に納付されている年度末までの分の自動車税についての払出証書が届きます。

その払出証書を持って郵便局や銀行などに行くと、年度末までの分の月割りの自動車税が還付され、手元に戻ってきます。この処理方法が一番簡単なやり方です。

 

 

売却額に月割り自動車税分を上乗せして買い取ってくれる

車検残の長い車を売却する場合は、買取りをする業者としては車検をそのまま残したかたちで買取りをして転売したいもの。

 

1の処理方法で「抹消登録」を行ってしまうと、月割りの自動車税は自動的にユーザーにもどせますが、それと同時に車検が無くなってしまい、その分せっかく買い取った車も、価値が下がってしまいます。

そこで、抹消登録はせず、車検は切らないでそのままのかたちで買取りをする場合には、月割りの自動車税を買取額に乗せて買い取るのが一般的です。

例えば、買取額が50万円で、年度末までの月割りの自動車税が2万円の場合は、あわせて52万円で買取りをしてもらうという訳です。

 

 

売却先の会社にそのまま取られる

本ブログで一番覚えておいてほしい点はここです

実はかなり多くの方が、売却する車の自動車税の処理について知らないがために、売却先の会社に不要に月割り分の自動車税を譲渡しているケースが見受けられます。

 

仮に5万円分の月割り自動車税が残っている車を買い取ってもらうとして、「50万円の買取額でその50万円の中に月割りの自動車税5万円分が含まれています」というかたちでの買取額の提示なら問題無いのですが、そこの話が全く無い中での交渉だと、自動車税の月割り分を損してしまう事になります。

 

また、5万円分の月割りの自動車税の残りがある車を、「2万円で買い取ります」「タダで廃車にします」と言われそのまま渡してしまうと、車の価値を0円以下で渡している事になってしまいます。

車をタダで譲ってあげて、更にお金もあげているようなものです。

 

廃車にしてもらう際には、自動車税の処理についても確認しておこう

売却時に確認すべき点

以上を踏まえ、中古車を売却する際に確認すべき点については、「自分の車の月割り自動車税がいくら残っているか?」「買取価格に自動車税は含まれているのか?それとも別で戻ってくるのか?」の2点です。

月割りの自動車税額については下記から確認できます。

 

自動車税の月割税額の一覧表はこちら

 

以上2点を踏まえ売却の交渉を行い、本来戻ってくるべき月割りの自動車税を損しないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

知らなければ損をする売却する際の自動車税の話、ご理解いただけましたでしょうか?

 

ぜひ車を売却する際にはここを確認し、車の売却代金と、自動車税の金額を合わせてトータルでいくら自分に戻ってくるのかを確認しながら車の売却交渉をしてもらえればと思います。

尚ここからは、そんな自動車税の処理について詳しく説明してくれて、明朗会計で売却、買買取処理をしてくれる、中古車の買取専門店を数社紹介したいと思います。

 

オススメの中古車買取専門店

・廃車ラボ

中古車の廃車の引取が専門の「廃車ラボ」は、廃車にする車の自動車税、重要税などの税金に加え自賠責保険までも還付手続きをしてくれる会社です。

車の価値がゼロ円だとしても、上記の税金の還付を適切に行ってもらう事で、5~7万円になる事があります。

是非下記リンクより、廃車・売却事例を見てみてください。

 


・楽天

最後に、自分自身で「廃車」と決めつける前に、是非一度試してほしいのが「楽天の愛車無料査定」です。

「廃車だと思ったら10万円で売れた!」

「自分ではわからなかったが海外で需要がある車だったみたいで、複数社から高額買取りのオファーが来た」

 

など、思いもよらない価格で売れるのが「楽天の愛車無料査定」です。

下記リンクから1分程度の簡単な入力をすると、すぐに査定価格がわかります。



 

<関連記事>

ハイエースは下取りで売ると50万円も損をする!?ハイエースを下取りで売却してはいけない理由

中古車の売却時に納税証明が必要と言われたらどうする?中古車の自動車税の納税証明を取得する方法

ちょっと待って!ハイエースは個人売買で売るとトラブルになる!?

 

おすすめコンテンツ