トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

税金についての基礎知識

ハイエースワイドの税金は?1ナンバーだとどのくらい安くなるの?


みなさんこんにちは。
何かと最近は「ハイエースのワイド」についてお話する事が多いのですが、本日もそんなハイエースワイドの「税金」について1つ書かせていただきます。

もちろん1ナンバーのワイドじゃなくて4ナンバーの標準ボディでのハイエースにも関する話ですので、是非購入時の参考にしてもらえると嬉しい限りです。

 

いきなり結論!ハイエースワイドだと税金は安いのか!?

いきなり結論からお伝えしますが、ハイエースワイドの1ナンバーだと年間の税金はかなり安くなります!!

もちろん標準ボディタイプの4ナンバー(バンタイプのスーパーGLやDXなど)の方が更に安いですが。

今回に関しては1ナンバーのハイエースワイドを中心にお話しますね。

 

ちなみにどのくらい安くなるかと言うと、3ナンバー(普通乗用)だとおよそ年間法定費用は「11万円程」

そして今回のハイエースワイド、1ナンバー(普通貨物)だと年間の法定費用はおよそ「5万6千円程」

 

だいたい倍近くの差があるんです。この差額の5万ちょっとは相当大きくはないでしょうか?

僕だったらその浮いた5万でこれ買ってハイエース乗ってキャンプに行くかもしれません。

ここで言う年間の法定費用とは「自動車税」、「自賠責保険」「重量税」となります。

ちなみに4ナンバー(小型貨物)だと「4万9千円程」

 

そんな1ナンバーでも実は高くなるパターンも

ここまで1ナンバーや4ナンバーだととにかく年間の税金は安くなるという事でお話してしまいましたが、実は絶対にそうとも限らないんです。

そもそも1ナンバーや4ナンバーの税金が安い理由は、いずれも仕事用としての毎日多く走る事を想定されたナンバーの登録車となるわけで、その分走行上の安全性には普通乗用車以上に考えておかなければならないという考えのもと、車検の期間が1年ごとと設定されてます。

ですが、1ナンバー、4ナンバーは新車登録の場合は初回車検は2年後(普通乗用車は3年後ですね)

つまり新車での登録であれば1年目は車検が無いのでいいのですが、問題は2回目の車検から、そして中古車としての登録の場合ですよね。

3ナンバーや5ナンバーから初めて1ナンバー、4ナンバーへの乗り換えを検討してる方にとっては、1年毎の車検って恐ろしく感じるはずです。

 

特に毎回しっかりディーラーで車検をお願いしてる方にとっては、かなり大きなデメリットと捉えられるかと思います。

実際に普通乗用登録よりも1回多く重量税、自賠責、整備代金を支払う必要があるのですから。

特に整備代に関してはディーラーから車検専門店など、場所によってピンキリの値段です。恐らくディーラーで勧められるがままに毎回ちゃんとした整備をしてもらったら逆に年間では高い維持費となる可能性も無いとは言い切れません。

そして車検毎に車を預ける必要があるので、代車が借りれるとしても正直面倒だと感じるでしょう。

 

ですが、貨物ナンバーの場合はそもそも毎回の税金が3ナンバー等に比べてかなり安いのも事実です。

普通乗用ナンバーでも貨物ナンバーでも自動車税は毎年支払う義務がありますが、そこだけ見ても

3ナンバーであれば2000cc~3000ccあたりで「45,000円~51,000円」1、4ナンバーでは「16,000円」

 

毎年4,5月に破り捨てたくなる気持ちを抑えながら開いていた自動車税の支払い用紙も、この金額ならまあ許せるかもしれません。

重量税は車検毎にかかるので、1、4ナンバーは不利な気もしますよね。

でも3ナンバーの「32,800円~41,000円程」に対し、1、4ナンバーでは「12,300円~16,400円程」となります。なので、1回多い車検で考えて2倍してもまだお得感はありますね。

 

ただ、自賠責保険に関しては3ナンバーの「25,830円」に対して1ナンバーだと「23,970円」なので、そこまで金額差はありません。

でも4ナンバーだと「17,350円」なんで、そこそこ安くなります。

 

車検が1回多い計算でもこの時点で税金としてはほぼ確実に3ナンバーより1、4ナンバーの方が安く済むんです。

なのでやはり懸念点は車検時の「整備代」や「車検代行費用」などをいかに安く抑えれるかで年間のトータルでの税金や維持費は変わってくるでしょう。

個人的には安心のディーラー車検もいいとは思いますが、最近では安くしっかり整備もしてくれるような車検専門店も多いので、「絶対に車検はディーラーで」という拘りがないようであれば、このような場所で車検のサービスを安く抑えれるような身近な店舗を探すのもありでしょう。




まとめ

一言でハイエースワイドの税金と言っても、いろんな種類の税金や、はたまた設定やカスタム次第ではいろいろと変わってくるので、改めて自動車の税金というのはややこしいものです。

ですが、単純にハイエースワイドの1ナンバーや標準ボディでの4ナンバーは、年間の税金、維持費としては安くなる傾向にあります。

 

・1ナンバー、4ナンバーだと毎年の自動車税が圧倒的に安くなる

・1ナンバー、4ナンバーだと車検が1年毎(新車登録後は初回2年)

・法定費用は安いが、整備代などは選ぶ車検店などによって変わる

・高速道路だと1ナンバーは中型自動車扱いになるので、普通車に比べ20%割増

 

細かく出すと多くなるので、とりあえずはこの辺を頭に入れておくと、今後のハイエース選びに生きてくるかと思います。

もし今乗ってるハイエースが4ナンバータイプで、もう少し大きさが欲しくて1ナンバーに乗り換えるかを検討中であれば、あまりそこまで金額的な差は大きくないかと思います。

3ナンバーからの乗り換えであれば尚更維持費に関しては不安視する必要はないでしょう。

ですが、乗り換えの際の車の下取価格や買取価格はこれまたお店によって大きく差が出てくるものです。

これから購入予定の車の金額や相場を調べる方は多いのですが、その一方で今自分が乗ってる車の売却金額、相場はあまりしっかり調べる方っていないものです。

できるだけ高く買い取ってもらって次の車の頭金にでもできれば気持ちよく乗り換えもできるはずです。

 

後々損をして後悔する前に、最低限自分の車の価値、相場だけは把握しておきましょう。

 

自分の車の売却価格の相場を簡単に教えてくれるサービス

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、最大8社の大手の中古車買取専門店が、あなたの車の買取り価格を教えてくれるサービスです。

提携業者の数は208社にも上ります。売却候補が多い=高額査定の可能性が上がります。

下記リンクから自分の愛車の価格を知る事が出来ますので、是非試してみてください。



とは言え、買取業者からの電話なんかはちょっと苦手と感じる方も多いと思います。

その場合はカーセンサーの買取サービスがオススメです。

こちらもご存知大手の車情報サイトのサービスなので、提携業者も相当数います。

そして査定額の連絡をメールでの返信と設定する事で、しつこい電話などは掛かってきませんし、メールだけでおおよその査定額が分かります。

是非試してみてください。

 カーセンサー



 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめコンテンツ