トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

売却商談時の注意点

ハイエースを売却する際に5万円で売る人と50万円で売る人の違いとは?


ハイエースを売却する際に5万円で売る人と50万円で売る人の違いとは?

いつもご覧いただき有難う御座います。ハイエース売却ナビのコイサンです。

 

突然ですが、皆さんに質問です。

 

中古車を買取りや買取りしてもらう際の、買取価格ってどのように価格が決まると思いますか?

 

「実際に似たような車が店舗で販売されている価格を基に決める」

「業者間のオークションの取引金額で決める」

 

はい、どちらも正解です。

 

確かに中古車の買取り価格に関しては、店頭でいくらで販売できるのか?業者専用のオークション会場でいくらで取引されているのか?そして海外需要もあるハイエースだと、いくら位で輸出できるのか?も合わせて買取り金額の相場が決まります。

 

しかし実際には、買取り相場が同じ50万円の車を売却しようとした際に、Aさんが査定しもらうと30万円しか付かず、Bさんが査定してもらうと50万円の査定価格が付いたというケースがあります。

 

これがハイエースのような特殊な車だと、Aさんが査定してもらったら5万円しか付かなかったハイエースが、Bさんが査定してもらうと60万円になったという事もあります。

では、何故このように同じ車で同じ買取り金額の相場あるにも関わらず、ここまで査定額が変わるのでしょうか?

 

そこで本日は、査定に行くと何故か査定価格を安く言われてしまう人と、しっかり高く買取りしてもらっている人の違いについて書いていきます。

 

買取り相場と査定価格は全く違うものと考える

まず前提として、買取り相場があるからと言って、必ずその値段で買取りをしてくれる訳では無いという事を頭に入れておかなければなりません。

 

当サイトにも、ハイエースの年式や走行距離、グレード別などで細かく買取り相場を書いておりますが、それはあくまで取引されている価格から算出された買取り相場であり、その価格で全国どこのディーラーや買取り専門店でも買取りをしてくれる訳ではありません。

 

カーセンサーなどの店頭小売価格、業者間のオークション会場での流通価格から算出された買取り相場を基に、最終的に買取る際の査定価格を決めているのは個々のディーラーや中古車買取専門店です。

 

査定した車種に対して、それぞれの会社の強みや弱み、資金状況、そしてその車が自社の得意分野であるか?買取り後に次の販売先の目星はあるか?などを加味して、買取店は査定額を算出するのです。

 

分かりやすい例ですと、ベンツをトヨタディーラーに下取りしてもらおうとしても「うちは外車は得意では無いので・・・」と査定価格が安くなるのは当たり前ですよね?

 

また、街の小さな買取店に1000万円を超えるようなフェラーリを持ちこんでも、「うちにはフェラーリを買う資金力は無いよ」と断られてしまいますよね?

 

上記の例のように、その車自体に買取り相場あるとはいえ、買取店にも得意不得意があるので、どこの店舗でもその車の買取り相場で買取りをしてくれる訳では無いという事をまず覚えておきましょう。

 

買取店にも得意分野・不得意分野があるので、査定額にバラつきは出る

 

ディーラーは下取りは安い

ディーラーの下取りは中古車の買取専門店の買取金額と比較すると安いのは、もはや今となっては周知の事実です。

 

ディーラーの査定基準は、自社の中古車センターにて転売する際の店頭価格が主な基準になっているので、ハイエースのよう輸出需要も絡む特殊な車はなかなか高くは下取りしてくれません。

 

ましてや自社の中古車センターで販売するのが難しい10万km以上走行したハイエースや、キズの多いハイエースなどは、より一層下取り査定価格は下がる傾向があります。

 

ディーラー下取りは、自社の中古車センターで売れない車の査定額は極端に安くなる

 

仮に買い取り相場が50万円あるハイエースでも、車の状態が悪ければディーラーは目一杯の下取り査定価格をつけることせず、確実に利益確定が出来る安全な査定価格をつける傾向があります。

 

「ボロボロだからタダで引取りで問題無いでしょ」

「オークションで40万円とか50万円とかで落札履歴があるけど、全然わからないから5万円だけつけておこう」

 

と、いった具合に「とりあえず値段をつけておく」というかたちの下取り査定価格になります。

 

クルマの売却時に毎回ディーラーに下取りをしてもらっているという人は、今までかなりの金額を損していると言えます。

 

買取店は安く買うのが仕事

ディーラーの下取り金額が安いなら、買取店に行けばきちんと買取り相場で買ってもらえるのか?というと、必ずしもそうではありません。

 

仮にあなたが買取り相場が50万円のハイエースを査定してもらったとして、

 

あなた:「いくらになるか見てもらいに来ました」

買取店:「買取り相場が50万円あるので、目一杯の50万円で買取り致します!」

 

なんて買取店はほとんど無いと思ってください。

 

買取店の仕事は、買取り相場からいかに安く買うかが仕事です。

 

買取り相場から安く買えれば買えるほど利益が増えるのが買取店のビジネスモデルですので、お客さんからいかに車を安く売ってもらうかに全神経を尖らせて交渉してきます。

 

買取りした車両をオークションへ転売して儲けを出すのが買取店

 

うっかり「ディーラーではタダ同然と言われました」や「下取りで5万円でした」なんて言おうものなら、では「うちならプラス10万円つけて買い取りします!」と言われ、本当は50万円の買取り相場があるハイエースにも関わらず、10~15万円で引取られてしまいます。

 

【買取店=どこでも高く買取りしてくれる】と思い込んで、言われた条件ですぐ売却をしてしまっている人は、せっかく買取店で売却しているにも関わらず損をしている事になります。

 

高くクルマを売却している人は、上記のようにならない為にきちんと自分のハイエースの買取り相場を把握しておき、複数の買取店に査定してもらっている人がほとんどです。

 

「高ければ高いほど」は禁句

前項のとおり、買取店はお客さんの車を安く買うのが仕事です。

 

ですのでお客さんは、自分の車を安く買われないように警戒をして、買取店の営業マンと駆け引きをしがちです。

 

本当は他の店舗に行っていても「他はまだ廻っていないです」とか、売却時期に関して聞かれても「値段を見てから検討しようと思っている」など。

 

そして特に一番多いのが、希望金額を聞かれたときの回答で「高ければ高いほど」という言葉を本当によく聞きます。

 

「買取店を廻ったが思いの他値段がつかなかった」「はっきりした値段を教えてもらえなかった」という人の典型的な行動パターンです。

 

はっきり言って、毎日何件も買取りの商談をしているプロの営業マンに対して、数年に1回しか車の売却をしない素人が駆け引きをしても勝てる訳がありません。

 

他の買取店を廻っているかはプロなら査定時に現車を見ればわかりますし、「売却時期は値段を見てから検討しようと思っている」と言われても、では幾ら以上なら検討して幾ら以下なら検討しないのか?、「希望金額は高ければ高いほど」と言われてもそんな事は当たり前の話で、では幾らなら売るのか?幾らだと売らないのか?ここが重要になってきます。

 

警戒してウソを書いてもプロには見破られるだけ。自分の希望をしっかり伝えましょう!

 

買取店に対して警戒心を高めれば高めるほど、買取店側もお客さんに対して警戒心を高めますので、本当は買取り相場の目一杯の買取査定額がつけられる車にも関わらず「もしかしたら事故をしているのでは?」「希望金額を伝えても結局買取りできないのでは?」と、最後の最後でブレーキがかかってしまい、思いのほか買取り金額が付かなくなる可能性が出てきます。

 

変に駆け引きをして「この人は売る気が無いな」と思われれば、本当は50万円の買取り相場がある車でも「10万円から50万円位ですかね。売る時期によりますね!売る時また来てください」となってしまう可能性もあります。

 

余計な駆け引きはやめて、素直に自分の希望金額を伝えたり、他社を廻っていたら「他社に見てもらって○○万円だったが私の希望に満たなかったから売らなかった」と伝えたほうが良いでしょう。

 

希望金額は買取り相場の少し上を伝える

駆け引きはやめたほうが良いとは言うものの、やはり希望金額を聞かれた際に買取り相場より安い金額を言ってしまっては、その金額で安く買取りされてしまう可能性もありますし、逆に相場からかけ離れた高い値段を伝えてもまともに取り合ってもらえません。

 

大事なのは、希望金額を適正な買取り相場の金額よりも少しだけ高く伝えること事です。

 

基本的に、希望金額を聞かた際にどの金額を買取店の営業マンに伝えても、伝えた希望金額がよほど相場からかけ離れて安い金額を伝えていない限りは、こちら側の希望金額に対して一発回答で買取りしてもらえる事はありません。

 

だいたいのケースが、こちらの希望金額よりも安い金額が提示され、そこからお互いの希望金額を歩み寄っていくような流れになります。

 

このようなイメージで交渉が進むのが一般的

 

ですので、車を売却する際にはきちんと適正な希望金額を把握しておき、その金額よりも少しだけ高い価格を営業マンに伝える事で、最終的な交渉の着地場所を適正な買取り相場に設定させておくことが大事になるのです。

 

クルマを高く売却できる人はここがしっかりと出来ているパターンが多いです。

 

「価格が下がります」に惑わされない

よく買取店の営業マンが使う営業トークに「中古車の値段は日々変わります」「来週になったら・・・来月になったら値段は下がります」というようなものがあります。

 

これらのトークは早く契約をしてもらう為にお客さんを焦らせる為のトークとして、ほとんどの買取店で使われている営業トークです。

 

しかし、実際には中古車の相場はそんな短時間で変わることはありません。

 

変わるとすれば国外へ輸出する際の、輸出先国のレギュレーションから外れる車の場合(例えば、あと1ヶ月でその車の輸出先主要国の輸出規制にひっかかり、輸出できなくなるなど)のみです。

 

ましてやハイエースのように流通台数が豊富で相場が安定している車の場合は、1ヶ月後はおろか3ヶ月後でも買取金額が変わっている事はほとんど無いでしょう。

 

「買取り価格が下がるのですぐ売ったほうが良いです」というトークに惑わされて、安く売らないように注意しましょう。

これは200系ハイエースの4ヶ月間の相場推移グラフだがほとんど変化は無い。

 

「今日契約します」は最強の武器

上記に書いたとおり、買取り相場に関しては1ヶ月や3ヶ月でそこまで変わることは無いですが、売却金額は今日契約するか来週契約するかで大きく変わる事があります。

 

「相場は変わらないのに売却金額が変わるってどういうこと?」と言われそうですが、要は買取店にその場の勢いで高く買取りさせることができるか?という事です。

 

買取りする側の買取店の立場からすると、査定したクルマを買取り相場ギリギリの金額で買えば買うほど利益が少なくなり、リスクも高くなっていきます。

 

事故歴の見落としはもちろん、キズの見落としや、車を動かさなければわからなかった故障などがあった場合に、せっかく手間隙かけて買取りしたにも関わらず赤字になってしまうからです。

 

こんなキズの見落としだけで数万円も利益が変わってしまうのが買取店のビジネス

 

広告を出して集客し、接客をして交渉し、査定して契約手続きなども行い、洗車やクリーニングをしてオークションに出したにも関わらず、結果赤字ではやってられません。

 

しかしその一方で買取店は、車を買取りしなければ何も発生しないので、買える車は少し無理をしてでも買わなければそれこそ商売になりません。

 

そんなギリギリの中で、更に競合他社と戦っている買取店ですので、目の前のお客さんの希望金額にこちらが答えれば今日車を買取り出来るとなると、少し無理をしてでも買取りたくなってしまいます。

 

「値段が合えば今日契約します」は買取店に勢いをつけさせて査定金額を上げる最強の武器です。

 

希望金額に満たない場合は、この言葉を交渉の最後の最後で使い、買取店に勢いをつけてもらい査定価格をアップして買取りしてもらうようにしましょう。

 

まとめ

本日はクルマを高く売る人と安く売る人の違いや、買取店との交渉術について書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

大事なことは大きく5つです。

 

・自分の車の適正な買取り相場を知っておく

・複数の買取店で査定をしてもらう

・交渉時は駆け引きをしない

・希望金額は買取り相場の少し上を伝える

・今日決めると伝えて希望金額にちかい価格で買取りしてもらう

 

上記5つを気をつけるだけで、今まで5万円で下取りしてもらっていたハイエースが、簡単に50万円で買取店に買ってもらう事ができます。

 

まずは本サイトの相場一覧のページや、下記の中古車買取りサービスのサイトから自分のハイエースの相場を確認してみましょう!

 


ガリバー

中古車買取専門店の先駆者「ガリバー」。店舗数も日本国内に550店舗と非常に多く、あなたの地元にも一店舗はあると思います。

 

下記のリンクから簡単なアンケートに答えるだけで、あなたのクルマのガリバーでの大凡の買取り価格の相場を教えてくれますので、是非試してみてください。



色々な買取店に査定してもらうのが面倒な方は・・・

上記以外にもこの手のハイエースを得意とする中古車買取りの専門業者が存在しますが、「何店舗も訪問している時間がない」「ボロボロで動かしたくない」「故障しているからお店まで運転して行くのが怖い」など、いざ査定してもらおうと思ってもなかなか動けないのが現実かと思います。

 

そんな時は、中古車の一括査定サイトにて数社同時に査定してもらうのがおススメです。

 

「ディーラーで0円と言われたボロボロのハイエースが30万円になった!」「まだ新車から3年しか乗っていないハイエースなのに、ディーラーでの下取り価格は新車価格の3分の1程度の100万円しかつかなかったけど、買取専門店に見せたら155万円で買い取ってもらえた」など、一括査定の申込をして、たった半日だけ時間をつくるだけで数十万円買取価格が変わるのがハイエースです。

 

下記にオススメの中古車一括査定のサイトを数社ご紹介しましたので、そちらも是非試してみてください。

 


カーセンサーネット

一社一社に査定依頼をするのは面倒という方には、中古車情報サイト「カーセンサー」の一括無料査定で一気に査定を依頼するのも手です。

 

カーセンサーネットの加盟店は、厳しい加盟店審査を通過した中古車買取りの専門店が、あなたの車の相場や、査定価格をメールで送ってきてくれます。

 

当然、どの会社もディーラーの下取り価格よりも高く買取りをしてくれる傾向があり、ハイエースであれば、20~50万円差が出る事も多々ありますので、まずが上記のリンクから簡単な車の情報を入力し、だいたいの相場を知っておきましょう。


カーネクスト

もしディーラーや買取店の営業マンが「このハイエースは値段は付けられません」と言われたら、廃車買取り専門の「カーネクスト」に一度査定を依頼してみましょう!

 

「カーネクスト」は事故車、不動車、車検切れ車などの買取りを得意としており、どんな状態のハイエースでも5~20万円で買取りをしてくれると思います。

 

また、通常ディーラーなどに廃車をお願いすると発生する「廃車代」「レッカー代」などは、カーネクストでは一切費用がかからず、無料で全ての手続きを行ってくれるので安心です。

 

査定依頼は上記リンクから簡単に行えますので是非試してみてください。


<関連記事>

【最新版】ハイエース 買取り査定価格相場 一覧表 2020年1月度

 

【2019年6月度】ハイエースガソリン車の買取り相場価格推移

 

作業車でボロボロになってしまったハイエースはいくらで売れるのか?

 

大手7社の中古車買取専門店のサイト一覧と各業者の特徴について

 

10年落ちのハイエースが125万円!?10年乗ったハイエースは新車価格の何%で買取りしてくれるのか?