トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

廃車業者屋

豪雨被害にあった冠水・浸水した車に対しての適切な対応について


豪雨被害にあった冠水・浸水した車に対しての適切な対応について

 

はじめに

「平成30年7月豪雨」と名付けられた、西日本を中心とした豪雨被害。

 

多くの地域で河川の氾濫や家屋の浸水被害、土砂崩れなどによる災害が発生し、甚大な被害がでてしまいました。

 

自動車に関しての被害も深刻で、今回の豪雨被害によるJAFへの救出要請は1万件を超えるとも報道されており、被害にあった多くの車は浸水・冠水被害をうけたり、土砂に埋まって動けなくなっていたりしておりと、こちらもかなり深刻な状況になっております。

 

そこで本日は、自分の車が冠水・浸水してしまった場合の適切な対応について書いていきたいと思います。

 

クルマの冠水・浸水とは?

クルマの冠水・浸水とは、大雨や洪水被害などによりクルマの内部まで水が浸入してきてしまう事を言います。

 

しかし、一言でクルマの冠水・浸水と言っても、その程度や被害状況によって、適切な対応は異なるので注意が必要です。

 

「少し雨が入った程度だし、乾いたから問題ないでしょ」と、きちんとクルマの状況を確認しないでエンジンをかけてしまうと、場合によっては電気系統がショートして発火する可能性があるのです。

 

そこでここからは、どこまでの冠水であれば自分で動かしても問題無いのかと、冠水・浸水した場合の対処法について書いていきます。

 

状態別の冠水・浸水した車の対応方法

タイヤの下部が埋まる程度

 

タイヤの下部が埋まる程度であれば、クルマの設計上は問題ない範囲なので、気にせず使用しても問題ありません。

 

ただし、少し長い距離の水たまりを走行したり、水害地域を走行した場合は、水たまりの中にあるゴミや草木などが車輪の内側のブーツなどに絡まりクルマを痛めてしまう事があるので、そのような地域を走行した場合は、必ずクルマを一度降りて車輪の内側にゴミが絡まっていないか確認をしましょう。

 

 

マフラーの高さ

 

次はマフラーの高さまで水に埋まってしまった場合です。

 

マフラーの出口(排気口)よりも高い位置で冠水・浸水してしまうと、マフラーの排気ガスの出口部分から水が浸入し、マフラーの触媒部分を痛めてしまったり、最悪の場合はエンジンにまで水が浸入してしまう事があります。

 

また、マフラーの高さよりも上部という事は、ボディの下面がほとんど水に浸かっている状態になりますので、ボディーの下面のフロアと通っている様々な配線も水に浸かる事になります。

 

もちろんクルマの設計上、多少の雨水に濡れる程度は問題が無いように造られておりますが、これが海水などに数分浸かりっぱなしの状況とかになると、普通の水と違い電気を通しやすい海水の影響で、配線がショートしたりする可能性があるので注意が必要です。

 

海水などに浸かってしまったら、クルマの使用を中止して専門の業者に点検してもらい、点検で問題が無い事が確認出来たら、海水によるサビの発生を防止する為に下回りを洗浄しましょう。

 

 

シートの座面の高さ

 

シートの座面の高さまで浸水・冠水してしまうと、状況はかなり深刻になります。

 

シートの座面の高さまで浸水・冠水してしまうと、外の水は車の中にも入ってきてしまい、内装を覆う布のフロアカーペットやシート等に泥水・海水がどんどん染み込んでしまいます。

 

様々な雑菌を含んだ水分を吸収したカーペットやシートは、車内でその雑菌を繁殖させ、強烈な臭いを発生させます。

 

この臭いを取り除くには洗浄するしかないのですが、シートやハンドルなどのような簡単に外せるパーツだけでなく、ダッシュボードパネル全部や、車内全域にひかれているカーペットなどまですべてはがし、車内を素の鉄板の状態まで部品を外す必要があり、非常に手間とお金がかかる作業になります。

 

また、この高さまで浸水・冠水しているという事は、エンジン内部にも水が浸入している可能性が高く、きちんと確認をしてからエンジンをかけないと、エンジン内部に浸水した水によるエンジンの破損「ウォーターハンマー」により、エンジンが壊れてしまいます。

 

内装のクリーニング費用だけでなく、エンジンなどの機関系の修理費用まで含めて、車を乗り続けるか廃車にするかを検討しましょう。

 

 

車体全体が埋まってしまった状態

 

最後は車体全体が水に浸かり水没してしまった場合です。

 

お気の毒ですが、この場合は上記に書いた内装のクリーニング費用やエンジン、その他補器類の修理、点検費用が膨大になる為、廃車の方向で検討したほうが良いと言えます。

 

エンジンを載せ替え、内装をクリーニングして、様々なパーツを交換して何とか走るようになったとしても、無数の電子部品があるクルマにおいて、そのほぼすべてのパーツが水に浸かったという事を考えると、後にどんなトラブルが起こるかわかりません。

 

「100万円かけて修理したのに半年後に電装系の故障が発生して乗れなくなってしまった」「30万円かけてクリーニングしてもらったのに、1カ月位でまた異臭が発生してきた」など、クルマが戻ってきたその瞬間は良くても、数カ月後に色々なトラブルが発生する事は少なくありません。

 

様々な不安を抱えて命を預ける車に乗るのはリスクが高すぎますので、この場合は廃車・買い替えを検討してほしいと思います。

 

冠水・浸水したクルマを買取りしてくれる業者

自動車としての使用が危険な状態になった冠水車・浸水車。

 

車両保険加入している人は、保険会社の判定により全損扱いになれば、車の引き上げは保険屋さんが手配してくれて、次に買う車の費用も保険金でまかなえるのでまだ少し安心ですが、もしあなたが車両保険に加入していなければ、実費で冠水した車の処分と、次の車の買い替えをしなければなりません。

 

一般的に冠水車・浸水車は、クルマの解体業者に費用を支払って解体してもらい、廃車の手続きを行う事になりますが、近年では、部品取車として冠水・浸水歴のある車を買取りしてくれる業者がたくさん出てきました。

 

そこでここからは、少しでも次の車の購入費用の足しになるように、冠水歴・浸水歴のある車でも買取りをしてくれる専門業者をご紹介します。

 

タウ

タウは事故車の買取り専門業者です。

 

今回の「平成30年7月豪雨被害」では、「被災地復旧支援チーム」をいち早く組み、現地での災害支援と共に、冠水車・浸水車の買取りを行っております。

 

タウへの出張引き上げや買取りの依頼は、WEBサイト内右上にある「無料はこちら」という青いボタンから依頼をすると、電話での依頼をするよりもスムーズに現地に訪問に来てくれて、手続きも楽に済みます。

 

下記のリンクから依頼してみてください。


 

カーネクスト

保険に加入していなかったからこそ、’「1円でも高く売りたい」「少しでも高くお金に変えたい」というのが本音ではないでしょうか?

 

先にあげたタウ1社だけでは、提示されている買取り金額が高いのか安いのかなかなか判断が付かないと思いますので、もう1社オススメの廃車専門の買取業者をご紹介いたします。

 

タウと同じように、廃車・事故車の買取専門業者「カーネクスト」です。こちらも20秒程度で済む簡単なアンケートから、出張査定の依頼が可能です。

 

下記のリンクから是非試してみてください。



 

最後に

西日本を中心とした豪雨被害により、お亡くなりになられた方にお悔やみ申し上げるとともに、被災された方、被災された地域の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

<関連記事>

台風などの豪雨被害を受けて被災した車を高く買取りしてくれる業者「タウ」について

 

大手7社の中古車買取専門店のサイト一覧と各業者の特徴について

 

廃車にしては絶対にダメ!動かなくても、事故現状でも、傷だらけでもハイエースは高く売れる!

 

車を売る時に知っておきたい4つの注意点。車の売却までの流れについて