トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

ハイエースの最新モデルの情報

どこよりも早く動画公開!?グランエースのCM動画(解説付)


 

どこよりも早く動画公開!?グランエースのCM動画(解説付)

2019年12月発売開始のトヨタのフルサイズミニバン「グランエース」。

 

東京モーターショーでお披露目となり、新車価格やグレード構成などが序々に明らかになりつつあるものの、全容はまだつかめていない方が大半だと思います。

 

そこで本日は、どのサイトよりも早く!?となるかはわかりませんが、グランエースの最新CM(コマーシャル)動画を、各パーツやシチュエーションの解説と共に紹介したいと思います。

 

是非最後までご覧下さい。

 

エクステリア

動画が始まるとまずヘッライトとテールランプが映し出されます。

 

グランエースはヘッドライト、テールランプ共にLEDランプを採用しており、ヘッドライトに関しては2眼のLEDヘッドライプになります。

 

 

 

その後1人の男性と二人の女性が登場したあとにラジエーターグリルが映し出されます。

 

ラジエーターグリルのセンターにある丸いカメラは、パノラミックビューモニター用のカメラになります。

 

 

そしていよいよグランエースの全体が映し出されていきます。

 

続いてはアルミホイールです。

ポリッシュ加工されたアルミホイールは乗り心地を重視した17インチのアルミホイールが採用されており、タイヤサイズは235/60R17のタイヤサイズになります。

 

 

インテリア

次はスライドドアを空けてインテリアのシーンになります。

 

グランエースはデュアルパワースライドドアが全車標準装備されており、運転席のスイッチや、スマートキーのスイッチ、スライドドアのドアノブの軽く倒すだけで自動開閉が可能になっています。

 

 

インパネ廻りの動画です。

グランエースは6速オートマチックを採用しており、シフトはシーケンシャルタイプになっているので、+-を上下させることで任意にギアの変更が可能になっています。

インパネ中央に設置されるディスプレイオ-ディオに関しては全車標準装備です。

 

 

走行シーン

続いて走行シーンです。

やはり夜のシーンが似合いますね!グランエースはハイヤー的な要素が強く出ています。

 

 

リアシートは電動オットマン&リクライニング機能つきのエグゼクティブパワーシートになります。

 

フロントデュアルに加え、リアオートエアコンも装備。nanoeや読書灯、フットランプなどもすべて標準装備されます。

 

 

 

 

安全装備

少し間を挟み、続いてはトヨタセーフティセンスの紹介です。

 

まずはレーダークルーズコントロールとプリクラッシュセーフティシステムです。

 

 

そしてレーンキープアシスト

 

 

パノラミックビューモニターにリアクロストラフィックアラート

 

 

カーテンエアバッグ

 

 

いかがでしたでしょうか?やはり動いているシーンを動画で見るとグランエースの良さがより一層深まりますね!

 

実はこの動画はタイで先行販売されている「グランエース」のタイ版「MAJESTY」という車の動画です。

 

日本ではこれから発売の「グランエース」ですが、実は2019年9月にタイでは「MAJESTY」という名前で、フィリピンでは「GRANDIA」という名前で先に発売されているんです。

 

多少仕様が違うところはあるかも知れませんが、是非これからグランエースの新車購入を検討されている方は参考にしてみてください!

 

それではフルバーョンの動画をどうぞ!

 

まとめ

 

 

今回はトヨタの新型ミニバン「グランエース」のタイ版「マジェスティ」の動画紹介でした。

 

グランエースの新車購入を検討中の方は、アルファードやエルグランド、ハイエースのグランドキャビンなどの大型ミニバンに乗られているか、法人で役員専用車で検討されている方が多いかと思いますが、もし代替を具体的に検討されているなら早い段階からご自身の車の査定価格を知っておいたほうが良いでしょう。

 

早めに自身の車の価値を知っておくことで、次の車の予算の検討が具体的になるのはもちろん、下取りや買取り金額のアップにも繋がります。

 

ディーラーに見積りにいくとポイントが溜まる!?

ところで突然ですが、みなさんは「みんなの車屋さん」というサイトをご存知でしょうか?

 

「みんなの車屋さん」では、新車・中古車の見積書のアップロードと、簡単な口コミ投稿をするだけでなんと500ポイントもらう事ができ、更にクルマを購入した場合には3000ポイントもらえるサービスなのです。

 

もらったポイントはアマゾンギフト券やitunesギフトに交換する事はもちろん、現金振込まで対応可能なサービスとなっていますので、これからクルマを購入しようとしている方には是非利用してもらいたいサービスです。

 

やり方もとても簡単で、個人情報もメールアドレスだけの入力でOK。大げさではなく、本当にスマホで1分で簡単に500ポイントがGETできます。

 

10件の車屋さんに回って見積もりをもらい(最近はネットで見積りをもらう事のほうが多いが)、1件どこかで車を購入したとすると、全部で8000ポイントもらえるんです。是非試してみてください!



 

下取りよりも高く買取をしてくれる買取専門店

それではここから、中古車をディーラーの下取り価格よりも高く買取りしてくれる、中古車の買取専門店をいくつかご紹介いたします。

 

ガリバー

業界最大手の中古車買取専門店「ガリバー」。査定価格はディーラーの下取りよりも高い事で有名です。

 

ガリバーは中古車を買取るだけで無く、直接店舗で販売をおこなっていますので、早めに査定してもらい今乗っている車の情報を先に渡しておくことで、ガリバーのお客さんでタイミング良くあなたの車を欲しいと声がかかる事があります。

 

そのタイミングが合えば、ディーラー下取り金額より高いのはもちろん、通常の買取り金額よりも更にプラス10~20万円で売れることもあり、ディーラーの下取り金額と比較して50万円以上差が出ることもあります。

 

また一部店舗では、次の車が納車されるまでの間の代車を貸してくれるという手厚いサービスも行っており、値段が高いだけでなく、安心して車の売却が可能です。

 

下記リンクから簡単な車の情報を入力すると、自分のがいくらぐらいで売れるのかおおよその相場がわかりますのでぜひ確認してみてください。




カーセンサーネット

一社一社に査定依頼をするのは面倒という方には、中古車情報サイト「カーセンサー」の一括無料査定で一気に査定を依頼するのも手です。

 

カーセンサーネットの加盟店は、厳しい加盟店審査を通過した中古車買取りの専門店が、あなたの車の相場や査定価格をメールで送ってきてくれます。

 

当然、どの会社もディーラーの下取り価格よりも高く買取りをしてくれる傾向があり、その買取り金額は20~50万円差が出る事も多々ありますので、まずが下記のリンクから簡単な車の情報を入力し、だいたいの相場を知っておきましょう。

 

下記リンクから1分程度で簡単に手続き可能です。



 

カーネクスト

もしディーラーで「この車は廃車になるので値段は付けられないです」と言われたら、「カーネクスト」に一度査定を依頼してみましょう!

 

「カーネクスト」は車検切れや、不動車、事故車を得意とするサービスで、通常ディーラーなどにお願いする発生する「廃車代」「レッカー代」などまで含めて一切費用がかからないサービスとなっております。

 

もしアナタの車が故障や事故などで動かない状態であったり、ボロボロで値段が付かない状態でしたら、カーネクストへの査定依頼をする事をオススメします。

 

査定依頼は下記リンクから簡単に行えますので是非試してみてください!



<関連記事>

【速報】グランエース新車情報 新車価格やグレード構成などについて

 

ハイエースは下取りで売ると50万円も損をする!?ハイエースを下取りで売却してはいけない理由

 

車を売る時に知っておきたい4つの注意点。車の売却までの流れについて

 

車検切れの状態で売るべきか?車検をとってから売るべきか?車検間近のハイエースを売却する場合の注意点について

 

マイナーチェンジでどう変わった?200系5型MC後ハイエースの新車購入基礎知識

 

マイナーチェンジをすると査定価格が下がる!?ハイエースのマイナーチェンジが査定価格に与える影響とは