トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

車検切れのハイエース

車検切れの状態で売るべきか?車検をとってから売るべきか?車検間近のハイエースを売却する場合の注意点について


日本人の車を乗り換えるきっかけの第一位でもある「車検」

今日はハイエースを売る時の「車検」について書きたいと思います。

 

 

車検間近のハイエース。車検は取ってから売ったほうが良いのか?

先に書いたように、車検をきっかけで乗り換える方は多いと思います。

 

ワゴンベースのハイエースなら2年ごと、4ナンバー、1ナンバーのバンベースのハイエースだと1年ごとに車検が来ます。

 

車検を取得する費用も、安く済んでも10万円から、走行距離の多いハイエースや故障個所があるようなハイエースだと色々と整備も必要になり、費用も30万円程度かかる事もあるかと思います。

 

「車検が近づいてきたら買い替えようかな」と思っている時に、もう一つ思う事。それは「車検が無い状態で売るべきか?」「車検を取ってから売るべきか?」。

 

実際はどうなのでしょうか?

 

ここからはそんな疑問について詳しく書いていきます。

 

一般的には車検を取得してから売却すると少しプラス査定になる

一般的な中古車の査定価格は、次のユーザーに売れやすいかどうかにより、ベースとなる査定価格から上下10~20万円程度、査定価格が左右されます。

 

当然、ピカピカのキレイな車の査定価格は高くなり、キズだらけの売りずらい車の査定価格は下がります。

 

そしてそれは車検も同じで、車検切れの中古車よりは、車検がたっぷり残っている中古車のほうが5~10万円高くても売れる傾向があり、その分査定価格にプラスしてくれるお店もあります。

 

ただし、実際にかかった車検代以上にプラス査定される事は基本的にありません。

 

車検代で15~20万円かかったとしても、プラス査定される金額はせいぜい5~10万円程度が精一杯です。

 

ハイエースを売却する場合の車検について

ここまでで、中古車を売却する前に車検を取っても、多少はプラス査定されるという事がおわかり頂けたかと思います。

 

それでは、ここからが本題です。ハイエースを売却する場合の車検について書いていきます。

 

ハイエースの場合に関しては一般的な中古車と違い、売却前に車検を取っても基本的に売却金額に影響が出る事はありません。

 

ハイエースに関しては、車を売却する前に支払った車検代は、そのまま丸々損してしまう事になると思ってください。

 

その理由は、ハイエースがディーラーで下取りされたり、中古車の買取専門店などで買取りされた後の流通経路にあります。

 

中古車となったハイエースは、ディーラーで下取りされた後や、中古車の買取専門店で買い取られた後に、業者専用のオークションに出品されるのが一般的です。

 

そして業者専用のオークションに出品されたハイエースの大半が、海外への中古車輸出の専門の会社が落札して海外へ「輸出」されます。

 

この「輸出」をされる時には、輸出業者にて「輸出抹消登録」という手続きをを行うのですが、実はその「輸出抹消登録」の手続きの際に、車検が1カ月しか残っていなくても、2年間たっぷり残っていても、残っている車検は全て無くなってしまうのです。

 

ですので、中古車輸出の専門の会社からすると、車検が残っていてもいなくても、車の価値には全く影響がありません。

 

むしろ車検が完全に切れている車のほうが輸出する際の手間が省けるので、輸出業者にとっては車検が切れていたほうが良いとすら言えてしまうます。

 

業者オークションで落札されたハイエースのほとんどが海外へ輸出される

 

以上の事から、ハイエースの売却に関しては車検の有無は全く関係が無く、売却前に車検を取ってしまうとその車検代がすべて無駄になってしまう事になるのです。

 

代車と借りるという選択肢

ところで、あなたが今この記事を読んでいるという事は、「車を売ろうと思っているけど車検が近いからどうしよう?」と悩んでいるからだと思いますがいかがでしょうか?

 

一番初めに書いたように、日本人の大半の方が車検をきっかけで乗り換えをされます。

 

しかし、次に購入する車が新車の場合、新車の納車よりも先に今乗っている車の車検が来てしまう事がありますよね!

 

そしてディーラーの営業マンに「次の車が納車されるまで代車を貸してもらえない?」と相談しても「試乗車はあるのですが、ディーラーでは代車の用意はしていないんです」と言われてしまっているのではないでしょうか?

 

そんな時、今までは仕方なく車検を取得して注文した新車の納車を待たなければならなかったのですが、実は最近ではそんなユーザーにむけて、大手の中古車買取専門店では代車を用意してくれる会社が多数出てきております。

 

最近では代車を用意している買取専門店も多い

 

しかもあなたの車の売れる値段も、ディーラーの下取りの査定価格よりも高く買い取ってくれるので、正に一石二鳥と言えます。

 

ここからは、そんな大手の中古車買取専門店をご紹介いたします。

 

代車の用意がある中古車買取専門店

 

ガリバー

ユーザーの細かいニーズにいち早く対応する、国内最大手の中古車買取専門店「ガリバー」。

 

次の車が納車されるまで、代車の貸し出しのサービスが用意されているので、「自分の車の車検が新車の納車よりも先に切れてしまう」という方はぜひ相談してみてください。

 

ディーラーの下取り価格を常に研究しているガリバーは、買取りの査定価格もディーラーの下取り査定価格より高い傾向があり、特にハイエースのような特殊な車は20~50万円変わる事もあります。

 

下記のリンクより簡単に査定の依頼できるので、是非試してみてください。


 

ビッグモーター

ガリバーのライバル会社であるビッグモーターにも「無料代車サービス」というものが用意されております。

 

各店舗に数台代車が用意されており、1カ月程度であれば無料で借りれるので、売却の際には合わせて相談してみると良いでしょう。

 

 

一括査定でまとめて査定してもらう方法

自分の車の査定価格に加え、代車の有無の確認まで一社一社の買取専門店に聞いて廻るのは面倒という方には、無料の一括査定サイトを利用して、まとめて聞いてしまうのがオススメです。

 

複数の中古車の買取専門業者に、まとめて車の査定の依頼と代車の有無を確認出来ます。

 

また仮に、代車の用意がある会社やディーラーの下取り査定価格よりも代車の用意が無い会社のほうが20万円も査定価格が高いとしたら、あえて代車を借りずに高い買取専門店に車を売却し、次の車が来るまでの間を5~10万円で短期のレンタカーを借りて凌ぐというのも、賢い選択だと言えます。

 

まずは代車の有無の確認も含め、下記リンクから車の簡単な情報を入力して、おおよその査定価格を各中古車の買取専門店から教えてもらいましょう。

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、先に挙げた「ガリバー」「ビッグモーター」などの大手の中古車買取専門店が加盟する、中古車の一括査定サイトです。

 

大手が多数加盟しているという事もあり、代車の用意がある会社も複数加盟していますので、オススメのサービスです。

 

簡単な車の情報を入力するだけで、まずおおよその買取りの査定金額をメールで教えてくれますので、是非試してみてください。



 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ハイエースを売却する際は、事前に車検を取ってしまうとその分損をしてしまうという事がおわかりいただけましたでしょうか?

 

このサイトでは、他にもハイエースを高く売る方法や、テクニック、車を売る時の注意点など様々な情報を書いております。

 

是非他のページもご覧いただき、車を売る時の参考にしていただければと思います。

 

<関連記事>

中古車を売却する時に必要な書類について(普通自動車)

 

中古車の売却時に納税証明が必要と言われたらどうする?中古車の自動車税の納税証明を取得する方法

 

売る前に洗車すると査定価格があがるのか?売る前に洗車したほうが良いハイエースと、しなくても良いハイエースの違い

 

支払った税金は戻ってくる?知らなきゃ損する中古車売却時の月割り自動車税についての話