トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

キズだらけのハイエース

キズは修理してから売るべきか?修理しないで売るべきか?ハイエース売却時のキズの修理について


こんにちは、コイサンです!

今日は車を売る時の「キズ」についてお話したいと思います。

キズは修理してから売るべきか?しないで売るべきか?

長年使用していた愛車もどんなに気をつけて乗っていても10年も乗れば大なり小なりキズはつくものです。それがハイエースのような大きなボディなら尚更ですね!そんなキズものの愛車を売却する時によく聞かれる質問「キズは修理してから売ったほうが良いの?」について、ズバリ書きたいと思います。

 

ハイエース乗りなら一度は経験のある左リア部分のスリキズ

 

小さなキズが少しだけあるハイエースを売ろうとしている方も、大きなキズ、へこみがたくさんあるボロボロのハイエースを売ろうとしている方も、ぜひこのブログを読んで参考にしていただければと思います。

 

キズは修理しないで売るのが良い

いきなり結論!キズは修理しないで売るべし!

本日は前置きなしでいきなり結論です。結論から書きますと「傷は修理しないでそのまま売るべき」です。理由は簡単で、キズの減点、減額査定金額より、修理する金額のほうが高くなってしまうからです。

 

中古車の買取専門店に限らず、中古車業界に携わる店舗、会社は、キズやへこみの修理などをかなり安く修理する事が可能です。具体的には一般のユーザーがバンパーのスリキズの修理で5万円かかるところを、業者であれば半額以下の2万円程度で修理が可能で、これがドアやボディのへこみなど、20万円程度の修理代金のキズだとしても、業者であれば8万程度で修理できてしまいます。

 

例えば修理代に20万円かかるキズがついている状態で査定金額が100万円の車だとして、修理代を20万円かけてキレイな状態にしても、査定価格は良くて10万円程度のプラス査定にしかなりません。なぜなら、買取専門店は一般のユーザーが20万円かかる修理代のキズでも、自社で修理するコスト10万円程度しか減額しないからです。このようなケースの場合、時間と費用をつかったにもかかわらず、何もしなかったほうが10万円高く売れるという事になりますので注意が必要です。

 

板金業者の原価はほぼ人件費の為、この程度の修理も数万円で修理できる。

 

特にハイエースのような仕事向けの車や、海外輸出などの需要のある車は、次に購入するユーザーが「キズ」に関してあまり気にしない事が多々あるので、なおさらキズに関しては、売る前に修理するだけ無駄な行為になります。

 

ハイエースの場合は一部例外あり

先に書いたように、基本的には一般のユーザーが直すよりも、業者の立場である買取専門店のほうが安くキズの修理が出来るので、傷は修理しないで買取り査定にだしたほうが良いといえますが、一部例外もあります。

 

それは、ディーラーでの下取りなどで、キズに関して修理代相当か、それ以上に減額査定をされてしまうケースです。具体的には修理代に20万円かかる傷があるハイエースに対して、通常の査定価格よりも20万円以上減額されてしまうケースです。この場合は修理してから売却する事で、修理代以上の価格で売れるという事になりますので、修理してからの売却をおススメします。

 

「キズがあるので下取りは5万円ですね」とディーラーで言われ、下取りが安くなっているケース

しかしながら、修理をすれば時間もかかりますし、何より売ろうとしている車に対して、一時的にとは言えお金をかけるのも少々気が引けますよね。そんな時におススメの売却方法を下記に追記させていただきます。

 

キズのあるハイエースはどこに売るのが良いのか?

5年以上乗ったハイエース、5万km以上走行したハイエースなどは、よほど気をつけて乗っていない限りはあれだけ大きなボディなので、大なり小なりキズはあると思います。それに対していちいち減額査定されては、売るほうとしても気分も悪くなってしまいますよね!

 

しかし実はこの手の中古のハイエースの次のユーザーは、輸出されて海外で使用されるか、国内で仕事用として使用される事が多いので、実際にはキズに関してはそこまで査定価格に影響は出ないのです。

 

海外でも人気のハイエース。海外ユーザーはキズの有無は気にしない。

 

ディーラーなどで下取り査定をしてもらった際に、「キズがあるので減額対象になります」といわれた場合は、それはそのハイエースがディーラーの中古車販売部門で売れない、売りづらいからだけで、一般的な中古車の市場でのハイエースに対しての「キズ」の評価は全然違い、ケースによってはまったく減額対象にならない事も多々あります。10年以上経過したハイエースであれば、「10年経ってるんでキズはあっても無くても査定価格は変わりません」という業者も多々存在します。

 

そこで、ここではそんな事ハイエースの流通市場に詳しく、適切な査定価格を提示してくれる買取業者を紹介したいと思います。1社だけの査定では中にはキズに対して大幅な減額をされる事もあるかもしれません、最低でも3社程度は査定をしてもったほうが良いと言えます。

 

「ディーラーで0円と言われたボロボロのハイエースが30万円になった!」「まだ新車から3年しか乗っていないハイエースなのに、ディーラーでの下取り価格は新車価格の3分の1程度の100万円しかつかなかったけど、買取専門店に見せたら155万円で買い取ってもらえた」など、一括査定の申込をして、たった一日、いや半日だけ時間をつくるだけで数十万円買取価格が変わるのがハイエースです。

 

オススメの中古車買取専門店

それでは、ここからはオススメの中古車買取専門店を数社ご紹介いたします。

 

 

ガリバー

まず一社目は業界最大手の中古車買取専門店「ガリバー」です。

 

ガリバーは2001年からなんと15年間も、中古車の買取り台数が日本一の会社です。

 

日本一の理由は、中古車の買取査定価格の価格の高さで、ディーラーで下取りをしてもらう査定価格よりも、ガリバーでの買取り査定価格のほうが高い傾向があります。

 

取り扱い件数が多い分、ハイエースの流通に関しての知識や、ハイエースの査定価格に対してのキズの影響などの知識も豊富なので、安心して車の売却までをお願いできると思います。

 

下記のリンクより簡単におおよその査定価格が確認できるので、是非試してみてください。



 

カーセブン

2社目に紹介するのは、黄色い看板が目印の「カーセブン」です。

 

カーセブンは、カーセブン本体が運営している直営店と、フランチャイズに加盟して営業をしている「FC加盟店」があります。

 

店舗数も多いので、近所にカーセブンの店舗があれば、一度訪問してみるもの良いでしょう。

 

 

別々の買取店に都度査定してもらうのが面倒な方はこちら

ガリバーやカーセブン以外にもたくさんの中古車買取りの専門業者が存在しますが、複数の店舗に一社一社訪問するのもなかなか面倒なものです。

 

そんな時は、下記のような中古車の一括査定サイトで、まとめて複数の中古車買取専門店に査定をしてもらうのがオススメです。

 

複数の会社が一気に短時間で査定してくれるので、本ブログで書いたような、キズ影響をマイナス査定する会社もあれば、しない会社もあると思いますので、複数社査定をしてもらった会社の中から一番高い会社に売却をしましょう!

 

下記にオススメの中古車一括査定のサイトを数社ご紹介しましたので、そちらも是非試してみてください。

 

 

ズバット車買取比較

まず最初に紹介するのは「ズバット車買取比較」です。

 

こちらのサービスは、「ガリバー」「カーセブン」「ビッグモーター」などの大手の中古車買取りの専門業者が加盟しており、あなたの車を一括で査定してくれるサービスです。

 

査定依頼の応募フォームから簡単な車の情報を入力するだけで、各社からおおよその査定価格がメールですぐ届くサービスとなっており、価格に満足してもらえたら、実際に出張で自宅や職場に来てもらって車を査定してもらい、売却出来るサービスとなっております。


 

 

楽天の中古車買取査定市場

もう1つオススメの中古車一括査定サイトは、楽天の運営する「中古車買取査定市場」です。

 

この「中古車買取査定市場」の特徴は、なんといってもポイント還元です。

 

査定申込みだけで5ポイント、成約で更に1500ポイントもらえる無料査定のサイトになっています。

 

こちらのサイトの加盟店舗も、ガリバー、ビッグモーターなどの大手を中心に、安心できる買取専門店が加盟しております。



 

まとめ

いかがでしたでしょうか?中古車を売却する際には、キズはそのままで売却したほうが良いという事がおわかりいただけましたでしょうか?

 

特にハイエースに関しては、キズの修理は不要なので注意してもらえればと思います。

 

このサイトでは、ハイエースを高く売る為のテクニックや、売却時の注意点などについて色々書いておりますので、是非他のページも参考にしてもらえればと思います。

 

<関連記事>

マイナーチェンジでどう変わった?200系5型MC後ハイエースの新車購入基礎知識

 

ハイエースは下取りで売ると50万円も損をする!?ハイエースを下取りで売却してはいけない理由

 

ディーラー系買取店「T-UP」でハイエースを売るメリットとデメリット

 

廃車にしては絶対にダメ!動かなくても、事故現状でも、傷だらけでもハイエースは高く売れる!