トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

書類についての基礎知識

法人名義の中古車を売却する時に必要な書類は何?法人名義の場合の必要書類一覧(普通自動車)


法人名義の中古車売却時に必要な書類

本日は法人名義の車を売却する時に必要になる書類について説明します。

 

基本的は個人名義の車を売却する時と書類はほとんど変わらないですが、一部注意点が何点かありますので、そこも踏まえて書いていきます。

 

上の目次の部分で、調べたい書類をクリックするとその部分までスクロールします。

 

必要になる書類

まず車を売却する時に必要になる書類は下記になります。

 

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証明書

・リサイクル券

・印鑑登録証明書(印鑑証明2通)

・譲渡証明書

・委任状

・納税証明書

 

尚、会社の情報が買った時と売る時の間に変更があった場合は、「履歴事項全部証明書」もあわせて必要になります。

 

各書類の取得方法と説明

それではここからは、それぞれの書類の説明と取得場所、作成方法などについて書きたいと思います。

 

・自動車検査証(車検証)

車検証は大半の方が車内に保管してあると思いますが、法人の場合稀に会社で保管してある事があります。中古車の売却手続きには車検証は原本が必要になりますので事前に車内にあるか確認しておきましょう。

 

・自賠責保険証明書

自賠責保険証明書(正式名称は自動車賠償責任損害保険証明書)も車内にて保管している場合が多いと思います。尚、稀に自賠責保険の証明書と任意保険の証明書(証券)を間違えて車内から出してしまう方がおりますが、自賠責保険の証明書は中古車の売却時に必要になりますので、こちらは車内に保管しておきましょう。

 

・リサイクル券

リサイクル券も車内に保管されているのが大半かと思います。「失くしてしまった」「見当たらない」という場合でも、リサイクル料金の預託状況はインターネットで簡単に確認できるので特に問題はありません。その旨売却先の買取店に伝えましょう。

 

・印鑑登録証明書

・取得場所・・・法務局

・取得枚数・・・1~2通

 

法人の印鑑登録証明書(印鑑証明)は個人の印鑑証明と違い、法務局で取得します。

 

売却する車の名義変更用に1通と、売却先の買取店によっては自動車税の還付手続きでもう1通使用する事がある為、予め2通所得しておいたほうが良いでしょう。

 

・譲渡証明書

・必要枚数・・・1通

 

車を譲りますという事を証明する「譲渡証明書」。下記からプリントアウトにて出力し、「譲渡人及び譲受人の氏名又は名称及び住所」と書いてある部分に法人名、代表者名、登記住所を記入します。捺印箇所は「譲渡人印」と書いてある部分に、会社の実印にて捺印をします。

 

譲渡証明書PDF

 

・委任状

・必要枚数・・・1通

 

委任状は売却した自動車の名義変更手続きを、売却先に委任しますという事を証明する書類です。

 

こちらも下記からプリントアウトが可能で、下段の「委任者」と書いてある部分に法人名、代表者名、登記住所の記入をして、法人の実印を捺印します。

 

尚、「委任者」の覧は下に左右2か所ありますが、記入、捺印はどちらかの一か所だけで構いません。

 

委任状PFD

 

・自動車税の納税証明書

・取得場所・・・自動車税の納付時の控え、自動車税事務所

・取得枚数・・・1枚

 

自動車税の納税証明書は、直近の自動車税の支払い時にもらう控えがあればそれで大丈夫です。

 

税理士などに納税証明を提出してしまい、手元に原本が無い場合は、自動車税事務所にて取得する事も可能です。

 

尚、自動車税の管理については全国的に電子化が進んでいるため、電話で簡単に納税確認が可能。納税確認だけとれれば、納税証明は無くても問題ない買取店も増えているので、納税証明が無い場合は必要かどうかを売却先の買取店に確認してみましょう。

 

自動車税事務所連絡先一覧はこちらのリンクから

 

・履歴事項全部証明書

・取得場所・・・法務局

・取得枚数・・・1~2通

 

履歴事項全部証明書、別名「謄本」という呼び名で扱われる書類ですが、こちらは車検証記載の氏名、住所の部分と、現在の法人の法人名、登記住所に変更がある場合に必要になる書類です。

 

法務局にて簡単に取得可能で、自動車税の還付でも使用する場合があるので、2通用意しておいたほうが無難です。

 

必要な書類と枚数の一覧

下記に車検証と印鑑証明の状況別に、必要になる書類を記載しましたので、売却の際に活用してもらえればと思います。

 

状況 必要書類 必要枚数
車検証の氏名・住所と印鑑証明の内容が同じ 車検証 1通
自賠責保険証明書 1通
リサイクル券 1通
印鑑証明 1~2通
譲渡証明書 1通
委任状 1通
自動車税納税証明書 1通
上記書類以外に追加で必要な書類
車検証の氏名・住所と印鑑証明の内容が違う場合 履歴事項全部証明書 1~2通

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?法人名義の車を手放す際に必要な書類がお分かりいただけましたでしょうか?

 

記載されているそれぞれの書類をそろえ、記入、捺印し、陸運局で申請を行わなければならないのが車を手放すときの手続きです。

 

しかし、法人名義の仕事用の車の売却手続きとなるととっても面倒ですよね?

 

そんな方にはプロの中古車買取店に、売却手続きを任せるのをおススメします。

 

プロの中古車買取店に車の売却手続きをお願いすると、ほとんどの手続きを買取専門店にて行ってくれます。

 

売却に必要な書類はすべて買取店で用意されてあり、法人の内容に変更が無い場合は、法人の印鑑証明2枚と実印をもっていけば、その場ですぐ売却から書類の手続きまで完了しますのが一般的です。

 

記入は買取店にて代筆してくれるのでこちらで書く必要は無く、納税証明やリサイクル券が無くても先方で確認してくれるのでこちらで動く必要はありません。履歴事項全部証明書が必要な場合も、会社によっては買取店で取得してくれます。

 

手軽で簡単に手放す事が出来て、しかも下取りよりも高く買取してくれるのが中古車専門の買取店です。

 

「廃車だと思っていた車が10万円になった」「下取りで5万円しかつかないといわれた車を30万円で買い取ってもらえた」など、思いもよらない値段で買取りをしてくれるケースも多々あります。

 

ここからは、どんな中古車でも高額買取してくれて、手続きも簡単で安心な中古車専門の買取店を数社ご紹介いたします。

 

オススメの中古車買取専門店など

ガリバー

日本の中古車買取専門店で、真っ先に名前があがるのがガリバーです。

 

実車の査定だけでなく、おおよその値段が知りたいだけでも、喜んで対応してもらえます。

 

下記リンクから簡単に依頼が出来ますので、是非試してみてください。


カーセブン

カーセブンは直営店とフランチャイズの加盟店がありますが、どちらでも非常に対応が良く、オリコンの顧客満足度ランキングで2位を獲得した事もあります。

 

当然書類の手続きなどについてもプロなので、全部お任せで依頼が可能ですが、しかし、その一方査定価格についてはやや不満という書き込みも少々見受けられます。

 

 

 

ズバット車買取比較

一社一社で買取価格が違うのが、車の査定価格。

 

いちいち複数の会社に査定依頼をするのが面倒なら、下記リンクから一括見積りをするのが簡単です。

 

簡単な車の情報を入力するだけで、複数の会社からおおよその査定価格がメールで届くので、その中から高い会社に査定をお願いしてみましょう!

 

上記以外にも様々な買取専門店があり、書類の手続きに関してはどの業者もプロなので、基本的には全部お任せできます。

 

「書類の手続きが面倒だな」「平日に動いている時間が無い」という方が、買取専門店に任せてしまいましょう!

 

<関連記事>

20万km乗っても高く売れるのがハイエース!ハイエースの査定価格に走行距離は関係無いのか?

廃車にしては絶対にダメ!動かなくても、事故現状でも、傷だらけでもハイエースは高く売れる!

中古車の売却時に納税証明が必要と言われたらどうする?中古車の自動車税の納税証明を取得する方法

20年落ちのハイエースが100万円!?古いからと安く売ってはいけないハイエースのヒミツ

 

 

おすすめコンテンツ