トヨタハイエースを高く売る為の情報サイト
年間千台以上取引しているプロのバイヤーが高額売却する方法を紹介。
買取価格を上げる方法から型式毎の相場情報まで総合的にお伝えします。

書類についての基礎知識

実は簡単?!中古車の名義変更をする方法


ここ最近、取引件数が増えている個人売買。

 

中古車販売店で普通に中古車を購入される場合は、代行費用を支払って中古車店に名義変更をお願いしていますが、個人売買の場合にはそうはいきません。ご自身で名義変更をする必要があります。

 

でも実は、クルマの名義変更の手続きは必要書類さえ揃っていれば誰でも簡単にできるものです。

 

そこで本日は名義変更に必要な書類について書いてみたいと思います。

 

普通車と軽自動車で必要な書類や手続きが少し違うのでそれぞれご説明していきますね!

 

普通車の名義変更に必要な書類は?

普通車の名義変更を行う場合は、こちらの6点の書類が必要となります。

普通車の名義変更に必要な書類

・車庫証明書
・印鑑証明書
・現所有者の車検証
・現所有者の印鑑証明書
・現所有者の譲渡証明書
・現所有者の委任状

 

「現所有者」とはあなたが購入する前のオーナーのことを指します。

 

「譲渡証明書」は、前のオーナーから新しいオーナーへ「譲渡をしますよ」という意思を表す証明となるもの。「委任状」は、名義変更の手続きを「委任しますよ」という意思を表す証明となるもの。

 

譲渡証明書と委任状には前のオーナーの実印が必要となりますのでご注意ください。尚、更に実印で捺印されているかの確認の為に前のオーナーの印鑑証明書も必要になります。

 

譲渡証明書や委任状の用紙は、通常は中古車販売業者が用意してくれますが、インターネットから所定のひな形をダウンロードすることもできますので個人売買される方は活用ください。

 

▼関連リンク「譲渡証明書」

委任状のPDFはこちら

 

▼関連リンク「車の登録・名義変更の委任状の書き方」(ソニー損保)
委任状のPDFはこちら

 

普通車の名義変更の方法は?

書類が揃ったら、お住まいの地域の「運輸支局」で名義変更を行います。

 

例えば「品川」ナンバーエリアの方は「東京運輸支局本庁舎」、神奈川県の「川崎」ナンバーなら「関東運輸局神奈川運輸支局 川崎自動車検査登録事務所」です。

 

ここに書類とクルマを持ち込み、名義変更やナンバー変更を行います。

 

費用はナンバー代も含めて2,000〜2,500円ほど。そのときの運輸支局の混雑具合にもよりますが1時間程度で手続きは完了します。

 

尚、前オーナーと同一エリアで、ナンバーが変わらない場合は、車両を持ち込まなくても名義変更は可能です。

 

▼関連リンク「東京運輸支局管轄区域」

東京都の陸運局の管轄エリア一覧はこちらから確認できます

 

軽自動車の名義変更に必要な書類は?

普通車では、運輸局に書類とクルマを持ち込んで名義変更を行うのに対して、軽自動車は「軽自動車検査協会」という場所に書類とナンバーを持ち込むことで名義変更ができます。

 

必要な書類などは以下のとおりです。

 

軽自動車の名義変更に必要なもの

・住民票
・認め印
・現所有者の車検証
・申請依頼書
・ナンバープレート(ナンバーが変わる場合)

「申請依頼書」とは、前オーナーの署名・捺印がある譲渡証明書のようなもの。こちらもインターネットでひな形をダウンロードすることができます。

 

▼関連リンク「軽自動車検査協会 申請依頼書」

申請依頼書のPDFはこちら

 

軽自動車の名義変更の方法は?

お住まいのエリアの軽自動車検査協会に、書類とナンバープレートを持ち込みます。

 

ナンバーが変わる場合でも、普通車と違ってナンバープレートの封印が必要ない軽自動車はナンバーだけを持ち込めば車両を持ち込む必要はありません。

 

新しい車検証と、ナンバーが変わる場合は新しいナンバーを受け取ったら名義変更完了です!

 

ここで、「車庫証明は必要ないの?」と思った方は鋭い!実は、軽自動車の車庫証明は、名義変更の後で「届け出」を行えばOKです。

 

また、軽自動車の場合は車庫証明が必要ない地域もあるので、事前に軽自動車検査協会などで確認しておくといいでしょう。

 

車庫証明の申請方法については、普通車と大きく変わる部分はありません。

 

▼関連リンク「軽自動車検査協会 全国の事務所・支所一覧」
軽自動車の陸運局の情報はこちらから

 

まとめ

クルマの名義変更は、書類さえ揃っていれば誰にでも簡単にできるもの。

 

中古車店に代行を頼むと2〜4万円が代行費用としてかかってきますから、節約したい方はぜひご自身でチャレンジしてみてください。

 

もしあなたが車を手放す側でしたら、購入いただいた方に名義変更をお願いすることになると思うのですが、きちんと名義変更してもらえるか不安ですよね?

 

そんな方はリスクのある個人売買で自分の車を売らないで、プロの中古車買取店に売却手続きを任せるのをおススメします。

 

プロの中古車買取店に車の売却手続きをお願いすると、ほとんどの手続きを買取専門店にて行ってくれます。

 

手軽で簡単に手放す事が出来て、しかも下取りよりも高く買取してくれるのが中古車専門の買取店です。

 

「廃車だと思っていた車が10万円になった」「下取りで5万円しかつかないといわれた車を30万円で買い取ってもらえた」など、思いもよらない値段で買取りをしてくれるケースも多々あります。

 

ここからは、どんな中古車でも高額買取してくれて、手続きも簡単で安心な中古車専門の買取店を数社ご紹介いたします。

 

オススメの中古車買取専門店など

ガリバー

日本の中古車買取専門店で、真っ先に名前があがるのがガリバーです。

 

実車の査定だけでなく、おおよその値段が知りたいだけでも、喜んで対応してもらえます。

 

下記リンクから簡単に依頼が出来ますので、是非試してみてください。


 

カーセブン

カーセブンは直営店とフランチャイズの加盟店がありますが、どちらでも非常に対応が良く、オリコンの顧客満足度ランキングで2位を獲得した事もあります。

 

当然書類の手続きなどについてもプロなので、全部お任せで依頼が可能ですが、しかし、その一方査定価格についてはやや不満という書き込みも少々見受けられます。

 

 

 

ズバット車買取比較

一社一社で買取価格が違うのが、車の査定価格。

 

いちいち複数の会社に査定依頼をするのが面倒なら、下記リンクから一括見積りをするのが簡単です。

 

簡単な車の情報を入力するだけで、複数の会社からおおよその査定価格がメールで届くので、その中から高い会社に査定をお願いしてみましょう!

 

上記以外にも様々な買取専門店があり、書類の手続きに関してはどの業者もプロなので、基本的には全部お任せできます。

 

「書類の手続きが面倒だな」「平日に動いている時間が無い」という方が、買取専門店に任せてしまいましょう!

 

<関連記事>

20万km乗っても高く売れるのがハイエース!ハイエースの査定価格に走行距離は関係無いのか?

廃車にしては絶対にダメ!動かなくても、事故現状でも、傷だらけでもハイエースは高く売れる!

中古車の売却時に納税証明が必要と言われたらどうする?中古車の自動車税の納税証明を取得する方法

20年落ちのハイエースが100万円!?古いからと安く売ってはいけないハイエースのヒミツ

おすすめコンテンツ